【第6回】旅行を快適に過ごす(愛犬も人間も)ための持ち物とは!

こーんにっちはーーーーっっ★
ドッグライフパートナーwithのかわなべです!

本日4/29(日)は、犬連れ旅行♡コラムdeアドバイスの第6回です♪

今回のテーマは、「犬と旅行に行く時の持ち物」

ここは書かなくてもいいかなーとも思ったのですが、
まとめておくと、いつか役立つかなと・・・・・

まず、絶対に忘れてはいけないのに、「あるのが当たり前すぎて」なぜか
意外と忘れる人がいる、コレ!!!

■フード(ごはん)!!!

1食分ずつビニール袋に小分けにして、回数×日数分準備します。

これ、スーパーでロールで置いてあるポリ袋を使用すると、
フードの種類によっては匂いが防げずに外に出てきてしまうので、
某「チャックが出来る便利な袋」に入れるのがおすすめです♪

これ以降は、シーン別に見ていきます。

まずは、犬が身に付けるもの。
■首輪(又はハーネス)
 ⇒散歩時以外ははずして過ごしているという方は、忘れる可能性があります。
■リード
 ⇒これ!!キャリーバッグに入れる時などに、はずしてそのままおいてくる人、
  意外といます!キャリーバッグのポケットに入れるなど、必ずチェックしてください!
■迷子札
 ⇒迷子犬の掲示板などを見ていると、旅行先で迷子になってしまった、という方を
  チラホラ目にします。何があっても絶対に戻ってくるよう、迷子札(鑑札・マイクロチップ含む)
  その子が誰なのかわかるものをつけてあげてください。
■服
 ⇒基本的には不要ですが、冬季に移動する際や、犬が寒そうな時期は持参しておいた方が良いです。

次に、いつものお散歩グッズ。
■お水(季節を考慮し、量を調整)
 ⇒必須です。短距離でも持って行きましょう。夏場なら、凍らせておいてもOKです。
  (カチカチに凍らせたものを、性能の良いクーラーボックスに入れると、溶けません。
  溶けないと飲むこともできず、困ることがありますので、うまく調整してください!)
■水を飲ませる容器
 ⇒最近は色々なグッズがあり、丸い円盤のようなものの真ん中を押していくと、深めの
  お皿になるグッズ(ペットショップなら大抵置いてますが、100円均一でも売ってます。
  犬用とはされてなく、キャンプ用品の扱いみたいです。)や、ペットボトルの蓋を交換すると、
  サークルに取り付けるもののようにボールを犬が舌で押すことで水が出てくる仕組みの
  ものだと、荷物が減って便利ですね。(後者を使う場合は事前に、「それを押すと水が
  出てくることを教えてください。犬が水を飲みたい時に、目の前であのボールをカチカチ
  指で押して水を出してあげると、犬は学習してすぐ使えるようになります)
■ウンチ袋
 ⇒こちらも必須ですね♪旅行だと捨てる場所もなく長時間持ち歩くことになるかもしれないので、
  消臭できる「ウンチ袋を入れるバッグ」があるとより便利です☆
■おやつ
 ⇒人間の手が汚れず、犬の好きなものを選びます。また、犬の口がベチョベチョになるような
  ものも旅行中は不便なので、良いものを選んでください。

以降は、旅行中の場面別に見ていきます。

<1:移動>

■キャリーバッグ
 ⇒移動中の安全を守るため、また犬の落ち着ける場所を作ってあげる為に、
  できれば「自家用車で移動、ホテル到着後はホテルにサークルの用意があり」の場合でも
  慣れたものを持っていると安心です。
  大きさは、中で犬がUターンできる幅と高さが必要です。
■トイレシート
 ⇒移動中よりは宿泊先での使用がメインにはなりますが、キャリーの中に1枚敷いておくと
  万が一の時でも底から漏れてしまうようなことはなく、安心感が高まります。
  そして万が一、万が一電車移動などで外に出られない状態でしたくなっても、
  人間用トイレに敷いて、そこでさせることができます。最後の手段ですが!
■トイレットペーパー
 ⇒こちらは「かわなべおすすめ」です。人間用の、アレです。旅行先で、犬がいつもと同じ
  ウンチをするとは限りません。袋と中のペーパーがセットになったものもよくありますが、
  それだけだと、ウンチがゆるかった場合は取り切るのが困難です。
  また、ちょっと何かを吐いたとか、色々な場面で意外と役立つので、人間用のものが半分
  くらい減ったら1つ取っておいて、犬用バッグやキャリーバッグに入れておくと便利です。
  (新品1つでも良いのですが、邪魔です。大きくて!)
■キッチンペーパー数枚
 ⇒これもトイレットペーパーと同じ理由でのおすすめです。トイレットペーパーでは弱くて
  取りきれない(又は量を相当使う)ものでも、これなら丈夫なので一気に取ることができます。
  タオルのように、汚してしまったらそのまま持ち歩くことになり、乾いてしまって洗濯で
  苦労するようなことも防げます。
  車移動では酔う子も多いので、水分の多いものをトイレットペーパーは中々取りきれません。
  別の目的で持っていったことがあったのですが、それからはこれも持ち歩くようになりました!
■大きめのタオル(バスタオルでも)
 ⇒キャリーから外が見えていると、落ち着かない子もいます。その時に目隠しとして便利です。
  直射日光をさえぎる為にも使えます。また、なんとなく「ここに置いたら汚してしまわないか心配だな」
  と思うような場所にキャリーを置く時に、心遣いとして敷くこともできます。
  到着後にも、部屋が寒い場合など犬に与えることもできるので、犬用に1枚あると安心です。
■噛むおもちゃ 又は 噛むガムなど
 ⇒犬は、基本的には退屈になると、「寝る」か「騒ぐ」かどちらかです。寝てくれればいいのですが、
  騒ぎ出したらさあ大変。新幹線の中で騒ぎ出してしまったら!!
  予防のためにも眠気を誘うためにも、噛んで顎を動かせるものをあげましょう。(誤飲等しないよう
  大きさや硬さ、質には充分注意してください。)
■<夏場限定>凍らせたペットボトル(保冷剤代わり)
 ⇒保冷剤でも絶対に噛んだりしない子なら良いのですが、珍しく、噛むと面白いものは穴を開けてしまい
  中身が出てきてしまう可能性があります。犬の体内に入って安全なものではないので、ペットボトルに
  水を入れてカチカチに凍らせたものを、飲むためのものとは別に用意します。(溶けたら飲みます・笑)
■<車移動限定>犬用の車内グッズ
 ⇒犬用シートベルト、後部座席に取り付けるシート、トンネル型ハウスなど。犬の安全を守るために
  必要があれば、用意してください。
 

<2:ホテルについたら>(移動編で出てきたものは省きます♪)
■マナーバンド
 ⇒第4回の「おトイレ編」に登場しました。マナーバンドです。室内では絶対にしない、という自信が
  ある方以外は、「安心のためのお守り」として、持って行きましょう!
■マナーパッド(マナーバンドにつけるもの)
 ⇒マーキングが頻繁な場合は、何度も交換することになります。愛犬に合わせて枚数を多めに
  持っていくと安心です。
■フードボール
 ⇒ごはんを食べる時に使います。お水を入れる容器と同じようなものでも良いし、数回のことですので
  紙皿でもOKかと思います。(食べ終わったらそれで遊ばないようにすぐに片付けてくださいね♪)
■いつも使っている毛布かベッド
 ⇒キャリーバッグで寝かせる場合、中に入れておいても良いです。宿泊先にサークルが用意されている
   場合は、犬が安心するので持って行きましょう。
■歯ブラシ
 ⇒いつも使っているものを使いましょう
■お薬
 ⇒いつも薬を服用している子ならフードと同じくらい(むしろ旅先で手に入れることが難しいのでフードよりも)
  大切です!月に1度服用するようなものも、その日に該当するなら持って行きましょう。数日ずらしても
  問題ない(と獣医さんが判断された)お薬なら、旅先ではストレスになるのでずらしてOKだと思います。
■室内用リード
 ⇒第5回でふれました。必要な子のみ。リードをよく噛むという子も替え用として念のためあると安心。

<3:その他>
■ロングリード
 ⇒ドッグランではなく、広い芝生などがある場所や、浜辺などに行かれるなら、他の方の迷惑にならない範囲で
  持って行くと、犬も走ってストレス解消ができます♪ロングリードは扱いが普通のリードよりも難しいので、
  ドッグラン内ではできるだけ使用しないようにしましょう。また、「フレキシリード」と呼ばれる、手元のボタンを
  カチっと押すと細い紐が伸びて長くなり、止めたい長さでまたカチっとするあのリードは、他の犬がいる所で
  伸ばすと、非常に危険です。あの細さでは、犬には見えない可能性も高く、足などを引っ掛けたり、巻きついた
  状態でしまったら、大怪我をする(又はさせる)可能性があります。夜間は特に、あのリード自体が手元以外
  人間にも見えないので、使用は避けてください。
■音が鳴るおもちゃ
 ⇒理由は今後のコラムの中で登場します!

これくらいかなあ・・・。なんか大切なものを忘れてる気もします・・・。
「ちょ!それ忘れてるよ!」というものがあったら、教えてください・・・(笑)

それでは、犬連れ旅行 コラムdeアドバイス、第6回は、ここまで♪

実は、突然ですが、これから私、愛犬2頭を連れて新幹線で遠出することになりまして!
実際に移動してみて、気づいたことなどあったらまたお話しますね☆

明日の第7回は、「当日朝の過ごし方」です!!!

お楽しみに!

***********************************************************
犬連れ旅行 コラムdeガイド 一覧へ戻る

コメントは停止中です。