【第2回】旅行を楽しむためのしつけ(トレーニング)ポイント(2)~呼び戻し編~

こんにちはっっ★
ドッグライフパートナーwithのかわなべです!

本日4/25(水)は、犬連れ旅行♡コラムdeアドバイスの第2回です♪

テーマは、しつけ(トレーニング)の1ポイント、「呼び戻し」。

呼び戻し。

これは色々なしつけ本などでもよく目にしますよね。
日常生活の中でもとっても大事なトレーニングの1つですが、
旅行先となったら、更に重要になります。

まず、いつもとは違う環境になる為、人間自体がちょっとだけ気が散漫になり、
いつもなら絶対にしないようなこと・・・例えばリードを手から離してしまう、とか。
が起こり得ます。
その時に、呼んでも戻って来なかったら、愛犬を危険から守ることができません。

宿泊先では、部屋の中をフリーにできるタイプやできないタイプがあると思いますが、
フリーにしている時に、誰かが部屋のドアをノックした時に、捕まえることができますか?

「ちょっとまってくださ~い!」と言いながら部屋の中を追いかけ回せば、

犬としては
「なんか追いかけっこはじまった!楽しい!もっとやる!」
なんてもっと逃げることになり、
人間としては、
「もう~~早くドアあけなきゃいけないんだから、早くしてよ~~~!」
なんてイライラしてしまったりして、貴重な旅行時間がちょっとだけ犠牲になっちゃうかもしれません。

もしドアの外にいる人が、「待って下さい」が聞こえずにドアを開けてしまったら、
そのまま外に出てしまうかもしれません。
なので、「呼び戻し」、強化しておきましょう♡

7月にある私も参加の「愛犬とふれあいまくりツアー」では、私達は
絶対にお客様のいるお部屋のドアを了承なしに開けませんので、大丈夫ですよ♪
もし「つかまらないんです~~!!」などあれば、犬が飛び出ないようにドアを開けて
中でお手伝いしますので、そのようにお伝えください☆

ここでちょっとおさらい。

まず、この呼び戻しの第一歩が、「第1回」でお話した「アイコンタクト」になるんです。
名前を呼んでアイコンタクトがとれなければ、呼び戻しも難しい可能性が高いです。

ただ・・・もしわんちゃんが「おやつが大好きすぎて」おやつに目が行っていて
アイコンタクトがとれない、という場合は、まあ・・・呼び戻しできます(笑)
この時も目は合わないと思いますが、呼び戻すことはできると思います(笑)

その場合もっと切ないキモチになりかねないので、やはりアイコンタクトもやっておきましょうね!

呼び戻しは、近い距離から、だんだん距離を伸ばしたり、誘惑の多い場所でやってみたりと
ぐんぐんレベルアップしていくことができる、楽しいトレーニングです。

withのパートナーDOG茶々丸は、呼び戻しが非常に得意ですが、
「ええ!呼んでるけどもっとこっちにいたい・・・でも呼んでるし・・・」という、
飼い主としては「・・・あいつ迷ってるな・・・」とちょっと悔しくなるような様子を見せます。

もう1頭のパートナーDOG、こげ丸は、必死で戻ってきます(笑)
「かーちゃんに呼ばれた!おれ!すぐ行くぞ!どこだかーちゃん!かーちゃん!」
という必死さ。軽くストーカー。(でもドッグランなどではふらふら遊び回ってますのでOK)

多頭飼いの方は、愛犬の性格差がよく見えたりするので、是非やってみてくださいね♪

最初からフリーでやろうとせず、リード付きでおやつも使って、近い距離からはじめてください!

では、犬連れ旅行 コラムdeアドバイス、第2回終了です♪
ここんとこもっと詳しく知りたい!うちの子にも教えたい!という方、
いつでもカウンセリング&トレーニングに伺いますので、お気軽にご連絡ください♪

第3回は同じくしつけ(トレーニング)編、「ハウス」です!お楽しみに!

***********************************************************
犬連れ旅行 コラムdeガイド 一覧へ戻る

コメントは停止中です。